プライベート・ライアン

評価:★★★★★

久々に映画を見て衝撃を受けました。

特筆すべきは上にも書いた戦闘場面。

なぜこんなに衝撃的なのか?

一つ目は時間の流れを”ありのまま”再現している事。

上陸してから敵の88㎜バルカン砲を破壊するまでの一連の動きが、無駄なく30分間かけて描写されている。

例えば弾を込めるところから撃つまでの時間は流れ続け、実にリアル。

撃つだけの動作じゃないんです。

二つ目は、目を背けたい現実のリアルな描写。

戦地は弾が飛び交い、それに当たれば肉が飛び血が吹きだすのは当たり前。

地雷を踏めば足が吹っ飛び、腕がもげ、内臓が飛び出す。

降参した無防備な敵兵を撃ち殺すこともあるし、兵士とはいえ母の名を呼び死を怖がりもする。

そういう”恐ろしさ”の描写が緻密であるということ。

戦闘シーンは全部で3回ほど出てくるんですが、全てこのような描き方をされているので非常に重く、リアリティーあふれる(と言っても戦争を知ってるわけではありませんが)場面ができあがり、この作品を深めて いる大きな要素だと思います。

ストーリー的には納得いかない部分が多々あります。

ドイツ軍の兵士だってたくさん犠牲になってるわけだし、他にも家族は犠牲になってる。

でも、「凄い」としか言いようがないでしょう。2時間50分(宣伝・予告も入れると3時間を越えてしまう)は確かに長い。

正直疲れます。

しかし、それを伴うほどの利点もあるので気合を入れてどうぞ。

 

プライベート・ライアン [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-08-23)
売り上げランキング: 1,077

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コメントフィード

トラックバックURL: http://movie.dragon3000.com/wp-trackback.php?p=741

Top